• ホーム
  • 性病予防にはコンドームが有効?

性病予防にはコンドームが有効?

男性と女性が性行為を行う場合、正しい知識を持っていれば性病に感染することは、確実に少なくなります。
一方で、油断をしている場合や何も知識がない状態で性行為を行うと性病に感染する可能性があるでしょう。
性病はだれもが持っているわけではありません。
ですが、性病を持っている風俗嬢と行為をした男性は性病になりやすく、その男性が別の女の人と行為をすれば、女の人に感染してしまう可能性があります。

そこで、予防手段としてコンドームが役に立ちます。
コンドームは、薄いゴムでできていますので、性器を通じて病気が感染しにくく、予防手段としては最適です。
最近は、コンドームをキャンペーンで配布していることがあります。
もちろん無料配布になります。
このようなキャンペーンは、性病に感染する人が多いため、国がキャンペーンを定めて、定期的に配分するようにしています。
お金がないのでコンドームを買うことができない人や、お金はあるけども、買いに行くのが面倒な人は、無料で配布されたコンドームを財布などに入れておくのがよいでしょう。

結果的に、性病に感染せずに済む可能性が高くなります。
それに伴い、妊娠を避けることができるようになるでしょう。
中には、コンドームをつけると、感度が低くなるのでつけたくないという人もいます。
ですが、最近は会社の企業努力により、薄型のコンドームも発売されています。

厚さが0.8ミリ以下のものが多く、つけていないのと大して変わらない感度になっていますので、一度試してみてもよいでしょう。
0.8ミリ以下のコンドームの中でも最近は0.02ミリなどの極めて薄いものがあります。
薄いから危険なわけではなく、しっかりとしたゴムで作られていますのでそう簡単に破けるわけではありません。

ですが、100パーセント破けないとも言い切れない部分があります。
もし破けてしまった場合は、そのまま使用すると妊娠してしまう可能性があるだけでなく性病に感染するリスクも高くなります。

コンドームを使用する時は破損していないか確認する

コンドームを使用するときに、破損していないかは開封した時にまず確認をしてみましょう。
開封したときに、息を吹き込むことで破損しているかどうかがわかります。

また、そのまま装着して確認する方法もあります。
先端の空気がたまる部分にしっかりと空気がたまっているかを確認することができれば、問題ないと言えるでしょう。

行為の最中に破ける可能性があります。
製品もしっかりとした作りになっていますので、通常のサイズがあればまず破けることはありませんが、サイズが小さいものを着用している場合は、ゴムが伸び切ってしまい、そこに摩擦が加わるので、破けやすくなります。
適切なサイズのものを利用しましょう。

ホテルなどに行く場合、たいてい一つか二つコンドームが置かれてます。
正しく着用することも重要ですが、正しくサイズを認識することも重要です。

実際に着用してみて小さいと感じた場合、着用はやめましょう。
もしサイズが合わないと感じた場合であれば、自分でいくつか持ち歩いておくことも重要になります。
また彼女がいる場合は、彼女がいくつか持っておくことも大事です。

性病が感染する経路は、挿入している時ばかりではありません。
前戯の段階で感染することもあります。

例えば、前儀の段階で女性の陰部に指を挿入した場合、その指で自分の陰部を触ってしまうと感染することがあります。
いつも行為をしている場合であれば問題ありませんが、初めて異性と性行為をする場合や、お店などに行き、性行為をする場合は注意をしておかなければなりません。
風俗などであれば、定期的にチェックをしているところもありますが、必ずしもチェックをしている所ばかりではありません。
一度病気にかかると治るまで苦痛ですので、しっかりとした対策を立てておきましょう。

関連記事